キャッシング審査はとてもシビア

低金利で利用する事ができるキャッシング申込の審査は、驚くほど中立にシビアに行われています。

ではいったいこの審査を行う人はどんな人なのかといいますと、消費者金融と信販系クレジットの多くはコンピューターによる審査を行います。

一方銀行系カードローンは融資担当者による決済と、コンピューターによる審査の両方で行う場合が多いようです。

詳しくはこちら・・・貸し入れ

しかし昨今は、貸し倒れリスクを数値化した上で厳格な裁量をもとで即時に審査結果を出す事が貸金業界全体のトレントになってきています。

そのため従来の人の判断と裁量に頼った審査は徐々に影を潜めつつあるのです。しかし人が審査をしていたからよかった事もありました。

それは人が審査をするというのは、融資担当者が申し込みしてきた人の人格や性格を見極めた上で枠を決定します。

またその利用用途が人生を左右するだけの大きな資金用途なのであれば努力ができます。つまりどこまで行っても人が人に貸す融資なのです。

しかしコンピューターには人格がありません。そして申込した人の事情もわかりません。

そのため、これまでの顧客データから申し込みしてきた顧客の貸し倒れリスクと返済リスクを勘定し、その結果いくらの枠なら用意できるかを判断します。

そこには人の感情はありませんし、お客さんの事情もまったく通じません。今のキャッシング申込とは、これほどまでに冷徹な審査を行っています。

しかしそのくらい中立に審査をしないと人の感情が混ざっては、貸し倒れリスクを上げてしまう可能性があるという弱点もあるのです。